感染症の勉強会を実施しました!

昨年度、感染症委員会で施設の感染症マニュアルを見直しました。 新しいマニュアルを周知徹底するため、今月(6月)3回に分け委員会が主催して勉強会を開催しました。 勉強会では、講師の先生から ①ノロウイルスとは ②嘔吐物の処理方法 ③訪問者の注意事項 などについて学びました。勉強会の中で、講師の先生が抜き打ち的に介護職員と看護職員を指名し、「手の汚れ検査」を実施しました。 検査の結果、両職員ともよく手洗いがなされていると、お褒めの言葉をいただきました。 その時、施設長が手を挙げて「手の汚れ検査」を受けましたが、講師の先生から汚れているので、洗ってから再度測るようにとの指示を受けました。 手を洗った後に再検査を受けましたが、あまり改善されておらず、職員たちからここぞとばかりに、「手の洗い方が悪い」「手洗いは基本ですよ」と注意を受けていました。

毎日、将棋を指しています!

もうすぐ100歳になられる入居者様は、今日も将棋を指されています。 将棋が好きで、他の入居者様や職員を相手に、将棋を指すことを楽しみにしています。 施設長が相手として指名されることが多く、対局の終盤に指しこまれて「参った」と言うと、一瞬、ニコッと勝ち誇った笑みを浮かべられるとのことです。 今回は、多気町の囲碁クラブの方にお越しいただいて、対局していただきました。 囲碁クラブの方は、「お強いですね、このお年でこれだけ打てたら大したものです。」と感心していました。 囲碁クラブの方には、職員からの突然のお願いにもかかわらず、ご快諾いただきありがとうございます。 囲碁のお好きな入居者様も見えますので、今後とも宜しくお願いします。

防災訓練を行いました!

6月14日(金)朝から雨が降る中、消防施設の設備点検の実施にあわせ避難訓練を実施しました。雨のため、残念ながら避難訓練の参加人数は少なくなってしまいました。 職員は、心肺蘇生やAÈD、消火器の使用方法などを体験し、緊急時に備えるための訓練を受けました。また、訓練終了後に非常用設備が稼働した時の消防署対応や、館内放送等の説明も受けました。 避難訓練の講評では、様々な注意点がありました。何よりも大事なことは、火事を起こさないように、常日頃から細心の注意をはらうこと、という意識のことでした。 毎年、消防訓練を実施していますが、毎回繰り返すことで意識づけていく重要性を強く感じます。

最新記事
アーカイブ
​カテゴリー

​関連リンク

© 2018 by Takisaikou .