緊急事態宣言解除に伴う予約制による面会の再開について

事 務 連 絡

令和3年10月


  身元引受人 様

特別養護老人ホーム多気彩幸施設長


緊急事態宣言解除に伴う予約制による面会の再開について



先月の9月30日(木)をもって、三重県全域を対象とした緊急事態宣言が解除されたことを受け、電話でもお知らせしましたが10月11日(月)から、緊急事態宣言が出される前と同様、事前予約制のスカイプでのオンライン面会、玄関でのガラス越し面会を再開させていただきます。


面会のご予約、ご質問等については、施設の担当者(久世、斎藤、西田電話0598-39-6211)へお問い合わせください。

なお、面会制限の全面解除の時期につきましては、引き続き協議を続けてまいりますが、状況により再度規制を強化せざるを得ない場合があることをご承知願います。

もうしばらくの間、ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

               

  1. ガラス越し面会は、1日4組に限定(午前2組・午後2組)し、1組4人までとし、面会時間は10分程度とさせていただきます。

  2. 面会者は、ごく限られたお身内の方に絞っていただくようお願いいたします。

ただし、県外の方やお子様をご遠慮いただく等の制限は設けません。

  1. 面会を1日4組と限定させていただきますので、1度面会をしていただいてから次回面会までの期間を2週間以上空けていただくようお願いいたします。

  2. 面会希望日の遅くとも3日前までに予約をお願いします。

  3. 四日市市や津市の高齢者施設では、職員並びに入居者様のほとんどの方がワクチンを接種しているにもかかわらず、感染者が出ています。

こうした状況に鑑み、今回、ワクチン接種の有無を面会制限の対象とすることはありませんが、情報把握のため面会予約時には確認させていただきます。


最新記事
アーカイブ
​カテゴリー